仙台の美容外科へ行き女性らしい体や理想的な二重を手に入れよう

バレないように対策する

ドクター

整形手術は現代でも未だにすべての人から受け入れられているわけではありません。そのため、二重まぶたの手術を受けることで、その変化に周囲の人が気付きその中から心に突き刺さるような一言を飛ばしてくる人も少ないながらにも存在するのです。また、自分の気持ち的に二重にしたことを誰にも知られたくないという思いの人もいます。それが理由となり、二重の整形手術をしたことがバレないようにする方法を考える人もいるのです。誰しもが下手に波風立てたくないと思うのは自然なことといえるでしょう。仙台や他の地域のクリニックで二重手術をする際に、手術跡のようなものはどうしても残ってしまいます。特に、切開法をした最初の時期はそれが目立つのです。大抵は、ダウンタイムを取り安静にしているため、傷が治るまで社会復帰することはありません。これは仙台の美容外科で施術を受ける前に、医師に説明を受けていると思います。仮にダウンタイムが必要ないと思ったとしても、結構目立ってしまう傷なので大人しくしておくのが無難でしょう。また、あまり外には出ないように心がけ、できればサングラスで目を隠すようにした方が良いです。サングラスがあれば、外を堂々と歩くことができるためおすすめな対策方法といえます。家族にすらバレないように二重にしたいという場合は、切開法ではなく埋没法を選ぶようにしましょう。埋没法であれば、傷跡などができないため目元を見られたとしても気づく人はまずいません。しかし、二重の手術に関して少し知識がある人や埋没法経験者にはバレてしまうケースがあります。ですから、仙台の美容外科へ行き医師へどうしたらバレずに済むかアドバイスをもらうと良いでしょう。医師は経験豊富ですので、なるべく自然に見えるような施術の提案をしてくれたり、相談にのってくれます。同じような悩みを抱えている患者はたくさんいますので、少しでも気になる場合は相談してみましょう。施術法以外にも、ダウンタイム時の過ごし方や、アフターケアのアドバイスももらえるので、参考にしてみてください。仙台の美容外科では、医師が腫れを抑える方法などを教えてくれます。ですからその方法も覚えておき、対策として取り入れていくようにしましょう。ちなみに二重まぶたが定着しやすい人であれば、そのままずっと自然な二重まぶたの状態を維持することができます。一方、二重まぶたになりにくい人の場合はいつまで経っても定着しない恐れがあるため、最終的には目頭切開手術を受けることをおすすめします。美容外科でこの手術を受ける場合は、思い切った気持ちと覚悟が必要になるでしょう。しかし、二重にしてある程度時間が経てば、自分が二重であるという印象が普通になり、周囲も気に留めなくなります。どうせ一度しかない人生です。自分が納得する形で完結できるような選択をしていきましょう。

TOP