仙台の美容外科へ行き女性らしい体や理想的な二重を手に入れよう

脂肪吸引後のトラブル

ナース

美容外科で脂肪吸引をした後に、お腹の脂肪がまだ掴めると感じる人もいます。しかし、これはただの勘違いだといえるでしょう。というのも、仙台の美容外科で脂肪吸引した後は大体の脂肪を外へ排出した状態であるため、実際は脂肪が掴めるほども残っていないのです。では、一体なぜ掴めるのかといいますと、それは脂肪ではなく皮を掴んでいるからだといえます。脂肪吸引前は、脂肪によってお腹周りが膨張するのです。それと同時に皮膚も一緒に伸びてしまいます。一度伸びてしまった皮膚は簡単には縮むようなことはありません。そのため、しばらくの休養が必要となるのです。この休養期間をダウンタイムと呼びます。ちなみに、脂肪吸引後は、3日ほど痛みにさいなまれることがあります。この痛みは長く続かないため治るまでちょっと動いて対応するようにしましょう。痛みが辛い場合は、痛み止めを使い対処することをおすすめします。激しい運動をする必要はないですが、仙台に住んでいるのであれば、近場に公園がないか探し、ストレッチや散歩をするなどの軽いもので大丈夫です。美容外科で脂肪吸引後は、安静にしているよりも、少し動いた方が良いとされているので、家でじっとしていないように気をつけるようにしましょう。仙台にある美容外科で手術を受けた人の多くは、2週間経過した頃には痛みがほとんどなかったとされています。最悪でも1ヶ月もあれば痛みは収まるのです。それまで根気強く辛抱しましょう。脂肪吸引を受けて皮のたるみや痛みが気になるかと思いますが、その他にも内出血という悩みも発生します。この内出血は人によって程度があり、青あざが痛々しいほど目立つ人とそうでない人がいるのです。見ていて辛くなる青あざの状態は、そのうち治ります。ですからそこまで心配する必要はありません。ただ、青あざが引くまではできるだけそれを人に見られないように気をつけましょう。事情の分からない人がお腹周りの青あざを見れば心配してしまうかもしれません。あまり見られる可能性は少ないですが、施術箇所によってはふとしたときに見えることもあるので、服装などに注意しておくと良いでしょう。出かける前に、一度鏡で施術箇所が見えていないかチェックすることをおすすめします。この青あざは、個人差もありますが、一ヶ月もすれば消えてなくなるとされているのです。ですから、毎日不安がることもありません。もし不安で誰かに相談をしたいという場合は、美容外科の医師の元へ行き相談することをおすすめします。仙台には美容外科では、相談を無料でできるところもあるので積極的に利用していきましょう。少しでも気になる点や、青あざがなかなか消えないという場合も、すぐに担当医に相談してみてください。

TOP